エンジンオイルの交換時期と交換方法

エンジンオイルの交換時期と交換方法

|エンジンオイルの役割と交換について

鉱物油も原油から作られる点は同じですが、ガソリンや軽油等を取り除いた重質のオイルをベースとするため、どうしても不純物がいくらか含まれるという特徴があります。

そのため、低フリクション、高回転の条件が求められる高性能エンジンに良好に用いられる、燃費の向上が見込める、排気ガスへの混入が少なく環境に優しいという利点がありますが、製造コストが上がるため、価格としては鉱物油よりも高くなります。

 


しかし、その分製造コストが下がるため、価格としては他に比べて割安となります。

最後に、部分合成油は、鉱物油と化学合成油を一定の割合で混合することにより製造されます。

そのため、性能面としても、価格面としても、それぞれのグレードの中間のような性質となりますが、配合を工夫する事で、限りなく上位グレードのオイルに性能を近づけている部分合成油もあります。

エンジンオイルは自動車のエンジンの寿命に影響するものとしても知られています。
一般的にはエンジンの潤滑用のオイルとして活用されているものになり、 金属シリンダーなどが円滑に作動するためには欠かすことのできないものになります。
エンジンを冷却する機能も果たしていることも一般的になり、 同時に異物などを除去することにも役立っていることになります。

その結果として一定期間を利用しているオイルは交換することがおすすめになり、 その時期に関しては車種によっても大きく変わる傾向にあります。
時期に関しては自動車メーカが公式に発表しているものを車種別に見ることもできますが、 この点に関しては基本的な乗り方を指している場合が多いために、 自動車の利用方法によっても大きく変わる一面を持っています。

例えばいわゆる街乗りとして、短距離を何度も乗り続けている方の場合では、 走行距離数が少ない場合でも早期に交換することがおすすめになります。
逆に高速走行の多い自動車や、ターボ車などの場合では、 一般的な交換時期よりも早めにメンテナンスを行うことが良い方法とされています。

 

 

季節的な部分や普段の乗り方によって変わる一面を持っていますが、 常に適切な方法を選択することによって、エンジンを保護することができます。

 

|エンジンオイルのおすすめな交換

 

 

エンジンオイルに関しては常に良好な状態を保つことが必要とされています。
例えば交換時期が10000キロに設定されている車種の場合では、 基本的には指定通りのタイミングによって交換することになりますが、 選ぶオイルの種類に関しても配慮することが必要になります。

オイルにも複数の種類が存在しているために、 基本はメーカーが指定している規格のものを選ぶことになります。
また、指定タイミング以外でも長期的に乗っていない状態では、 オイルが劣化している場合もあります。
このケースでは指定キロ数に達していない場合でも 新しいオイルに変えることが推奨されています。

明確に規定されている項目ではなく、一般的な見識による内容になりますが、 多い内容としては5000キロ走行毎に変えることと、 1年ごとに変える内容がメインとされている傾向にあります。

どちらか早い方を選択することがおすすめになり、 たとえ3000キロしか乗っていない車両でも、 前回に変えた時期から1年が過ぎている場合では、 新しいオイルを導入することが望ましいことになります。
フィルターに関しても大切な項目とされている内容があります。
フィルターは2回に1度に新品に変えることが基本とされており、 タイミングを守ることによってエンジンを良好な状態に保つことも可能とされています。