添加剤の役割

エンジンオイル添加剤の役割

|エンジンオイル添加剤ってなに?

良くみる、「エンジンオイル添加剤」ですが、エンジンオイル添加剤の役割や、使用方法がよく分からない、

本当に効果があるの?といった声をよく頂いております。

どのようなエンジンオイル添加剤を選べばいいのでしょうか。

そこで、エンジンオイル添加剤についてご紹介します。

 

1.エンジンオイル添加剤の種類

エンジンオイル添加剤は、エンジンオイルが持つ基本機能(潤滑・密封・冷却・防錆・清浄分散、など)を

補ったり、その機能を回復させたりするために化学合成された物質です。

ですから、一口にエンジンオイル添加剤と言っても、多種多用な種類ものが作られています。

一般的には200~300ml程度の容量で、エンジンオイルに添加して使用するものが多いです。

 

2.エンジン内部の汚れを落とす添加剤

自動車の心臓部であるエンジンは、長期間、また長時間、高温高負荷の過酷な環境にさらされています。

その結果、エンジン内部ではどうしてもスラッジやカーボンといった汚れやゴミが発生してしまいます。

この汚れが蓄積されていくと、エンジンの可動部などに負担がかかり、

パワー低下や燃費の悪化につながり、本来のエンジンパフォーマンスを発揮することが出来なくなります。

このような状態にならないよう、汚れを落とし、トラブルを未然に防ぐために開発されたのが

【エンジン内部洗浄剤 S.E.C(スマート・エンジン・クリーン)】です。

 

エンジン内部洗浄剤 S.E.C(スマート.エンジン.クリーン)

通常販売価格 ¥1,200-(税込・送込)

 

3.S.E.Cの使用方法

S.E.Cの使用方法はとても簡単です。エンジンオイル添加剤を注入するだけ

 

1.エンジンオイル交換前に5分程度暖気

2.エンジンを停止させ、エンジンオイル添加剤をエンジンオイルへ注入

3.注入口のキャップを締め、再度10分程度アイドリングをし、エンジンオイルとエンジンオイル添加剤を循環させる

4.エンジンを停止させ、エンジンオイルを抜き取り、通常通りエンジンオイル交換をおこなう

 

以上になります。

誰でもできる、簡単な使用方法で愛車のエンジン内部が健康に保たれます。

 

4.S.E.Cの効果

エンジン内部洗浄剤として開発されたS.E.Cは、独自の洗浄成分”TAKUMI CLAEAN LIQUID”が含まれており、

通常のエンジンオイルに含まれる清浄分散成分では落としきれない汚れにまで洗浄効果を発揮します。

また、ここは大切なポイントですが、高い清浄効果を発揮しながらも、

エンジン内部に使用される樹脂やゴムパーツにダメージを与えないよう慎重に設計されています。

S.E.Cは洗浄作用のあるエンジンオイル添加剤として、高い効果と安全性を両立した製品なのです。

5.お客様からの声

★★★★★ エンジンに優しい(30代男性)

添加剤を使用して、排出されたエンジンオイルがいつもより汚れていました。

注入後、確実にノイズが減っていました。簡単な使用方法と洗浄力があるので、定期的に使用します。

 

★★★★★ 安いのにすごい(20代男性)

初めて使いました。1,000円程度で購入できるのであまり期待していませんでしたが、

確実に汚れたオイルが出てきたことが確認できるので、洗浄できている実感がありました。

「愛車を守るため」のコンセプト、ぴったりです!

 

★★★★★ 明らかに黒くなったオイルが出てきました…(40代男性)

明らかに黒くなったオイルが出てきました。

ちゃんと洗浄されている感じがある!

 

エンジンオイル添加剤はとても大切な役割を果たすという事をお伝えできたかと思います。

ぜひ、一度お試しください!

製品規格グレードアップに伴い

デザイン変更のお知らせ

API規格(アメリカ石油協会)の規格変更により、SN規格→SP規格へ
TAKUMIモーターオイルもこの春、グレードアップいたしました。

この規格変更に伴い、【HYBRID】【HIGH QUALITY】シリーズについては
製品缶のデザインを一新いたしました。

 

       

    HYBRIDシリーズ         HIGH QUALITYシリーズ