2021 開幕戦~2021 AUTOBACS SUPER GT Round1岡山~

2021 開幕戦~2021 AUTOBACS SUPER GT Round1岡山~

Audi Team Hitotsuyamaは、2021年4月11日、岡山県の岡山国際サーキットで開催された

SUPER GT開幕戦「たかのこのホテル OKAYAMA GT 300km RACE」に出場しました。

川端伸太朗篠原拓朗のコンビで戦う2021シーズンの開幕戦は、決勝レース中盤に導入された

セーフティカーに入賞を阻まれることになりましたが、ドライバー2人の速さや完璧なピットワークに、

次戦に向けて希望をつなぐレースになりました。

予選

2012年からAudi R8 LMSでGT300クラスに参戦するAudi Team Hitotsuyamaは、今シーズンで10年目となります。

ドライバーは、引き続き川端伸太朗をAドライバーに起用するとともに、2020年にAudi Team Hitotsuyama からTCRジャパンシリーズに参戦し、見事チャンピオンを獲得した篠原拓朗をBドライバーとして迎えました。

決勝前日の4月10日の午前には、公式予選に先駆けて、公式練習が行われました。

 

好天に恵まれたこのセッションでは、まずは川端のドライブでマシンにタイヤを合わせるための作業を行い、最適なセッティングに仕上げることができました。

その後、篠原に交替しますが、すぐに川端に迫るタイムをマークし、Q1突破への期待が高まります。

 

同日の午後2時からは、GT300クラスの公式予選が行われました。29台がエントリーするGT300クラスは、A、Bの2組に分かれてそれぞれ10分間のQ1を行い、各組の上位8台がQ2に進出することになります。

 

Audi Team Hitotsuyamaは川端がQ1のB組に挑みました。川端は丁寧にタイヤを温め、セッション終盤、計測4周目に1分28秒327で13番手に。さらに次の周もタイムアタックを続けると、自己ベストを更新する1分26秒557をマークし、8番手でQ1を突破して見せました。チーム代表の一ツ山亮次は「ライバルの速さやBOPを考えると、納得のいくタイムでしょう」と語ります。

SUPER GTの岡山では初の予選アタックとなる篠原は、計測4周目で川端のタイムを上回る1分26秒432を叩き出し、13番手のポジションを手に入れました。「気温や路面温度の違いはありますが、川端と同等のタイムをマークした篠原はよくやったと思います」(チーム代表一ツ山)。

 

決勝

4月11日、岡山国際サーキットは雲ひとつない晴天に恵まれました。絶好のコンディションのもと、午後1時には2周のフォーメーションラップののち、300kmの決勝レースが始まりました。

Audi Team Hitotsuyamaは、篠原にスタートを託します。

「昨年、川端が第2スティントを担当してうまくいっていましたし、篠原にはSUPER GTの混戦に早く慣れてもらうために、スタートを担当させました」(一ツ山)。

チームの期待に応えるべく、確実にローリングスタートをきめた篠原でしたが、スタート直後やセーフティカー解除後にフロントタイヤを温めきれず苦戦し、序盤にポジションを2つ落とすことに。その後は調子を取り戻したものの、前を行くライバルに行く手を阻まれ、本来のペースを発揮できずにいました。

そこでチームは25周が終わった早めのタイミングで篠原をピットに呼び寄せ、川端へとドライバー交替を行いました。

パーフェクトなピット作業のおかげで、その数周後には行く手を阻んでいたライバルの前に出ることができました。

ところがその直後、GT300のマシンが1コーナーでストップしたことからセーフティカーが導入されます。「すでにピットストップを終えているHitotsuyama Audi R8 LMSにとって、去年の鈴鹿のように有利に働くかもしれないと思いましたが、実際にはその反対で、実質トップを走っているクルマが1周して後ろまで来てしまっている状態。これで完全に勝負権を失ってしまいました」(一ツ山)。

 

それでも川端は諦めることなく速いペースで周回を重ね、48周目には13番手、67周目には12番手、さらに70周目には11番手に順位を上げて、入賞圏内にあと一歩まで近づきました。

 

ところが、その周、バトルを演じていた後続のマシンに強引なオーバーテイクを仕掛けられて接触。

 

13位にポジションを落としたあとは、タイヤのピックアップの影響もあってペースを上げることができなくなります。

なんとかゴールにはたどり着いたものの、Hitotsuyama Audi R8 LMSは13位でレースを終え、惜しくも入賞を逃す結果になりました。

 

ドライバー 川端伸太朗のコメント

去年から通してみてマシンの仕上がりは一番いい状態にあると感じています。

 

ただBoP(性能調整)で苦しんでいるところがあるので、コンマ数秒でしのぎを削る予選Q1ではカットラインぎりぎりかなと思っていましたが、どうにかQ2の篠原選手につなぐことができて良かったです。

決勝レースもマシンの状態はいいのですが、昨年から悩まされているデブリ(タイヤカス)の問題があって、いま解消法を探している状況です。そこが改善できればもっといいペースで走ることができるはずです。

チームとしてもいい状態にありますし、富士では例年よりもいい結果を残したいと思っています。

 

ドライバー 篠原拓郎のコメント

このチームAudi Team Hitotsuyamaには、2018年にはCドライバーとして、また昨年、一昨年はTCRでもお世話になってきて、スーパーGTでも力になりたい、優勝したいという思いで加入させていただきました。

実は今回初めて予選アタックを経験したのですが、大きなミスもなく走ることができました。

一方で驚くくらいにグリップがあって、いい勉強になりましたし、それを次につなげていきたい。

次の富士はチームの地元でもありますし、応援してくださる人たちにいいところをお見せしたいと思います。

 

Audi A1 Fun Cupの2021年シーズン開幕!~ドリフトスピリッツで愛車をカスタム~