2021 第3戦~2021 AUTOBACS SUPER GT Round3SUZUKA~

2021 第3戦~2021 AUTOBACS SUPER GT Round3SUZUKA~

Audi Team Hitotsuyamaは、2021年8月22日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されたSUPER GT第3戦「FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE」に出場しました。

予選で今季最上位となる8番グリッドを獲得し、入賞への期待が高まる#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS。しかし、決勝では原因不明のエンジントラブルに見舞われ、完走こそ果たしたものの、21位と悔しい結果に終わりました。

予選

当初、5月下旬に予定されていた第3戦鈴鹿が新型コロナ感染防止のために8月に延期され、今季第4回目の大会として開催されました。テクニカルコースの鈴鹿サーキットはAudi R8 LMSが得意とするコースのひとつで、昨年10月に行われた第6戦鈴鹿では#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSが優勝。今季初表彰台を目指して、川端伸太朗と篠原拓朗のドライバーおよびチームは、真夏の鈴鹿ラウンドに臨みました。

予選が行われる8月21日は、ときおり小雨が降るあいにくの空模様。そんな不安定な天候のもと、午前9時には公式練習がスタート。#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSはタイムアタックのタイミングを逸して、1分59秒682のベストタイムは18位に留まりましたが、マシンのフィーリングはまずまずで、Q1突破への不安はありませんでした。

実際、午後2時48分から10分間にわたり行われたQ1のB組のセッションでは、川端が1分58秒787をマークし、B組7番手でQ2進出を果たします。一方、Q2を担当する篠原は、公式練習では自らの走りに満足できずに悩む場面もありましたが、いざQ2に挑むと、不安を吹き飛ばす走りで1分59秒176を叩き出し、今季最上位の8番グリッドからのスタートを手に入れました。

決勝

決勝当日の鈴鹿サーキットは曇り空とはいえ、決勝直前の午後2時頃には気温31℃、路面温度43℃の暑さになりました。そんな状況のもと、予定より10分遅れの午後2時40分、2周のフォーメーションラップののち、300kmの決勝レースが始まりました。

スタートを担当した川端はオープニングラップでひとつ順位を落としたものの、その後は9番手を維持してポジションアップを狙っていました。5周目にはGT500クラスのマシンがシケインでクラッシュしたのにともないFCYが発動され、その後セーフティカーが導入。12周目にはレースがリスタートされましたが、その直前、川端がエンジンのパワー不足を訴えてきました。すると14周目には後続にパスされ10位に後退。「ストレートでは5km/hくらいトップスピードが遅く、いつもなら西ストレートで6速に入るところが6速に入らない、辛い状況でした」とはチーム代表の一ツ山亮次。その後はさらにラップタイムを落とし、ライバルよりも約3秒以上遅いペースで周回し、ポジションも徐々にダウンしていきます。

30周を終えたところで川端から篠原へドライバー交替。全車がピットストップを終えた時点で、#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSは21位まで順位を落としていました。後半を担当する篠原の懸命な走りにもかかわらず、ラップタイムは2分5秒台から7秒台と低迷。それでも篠原はなんとか走りきり、21位で完走。予選で善戦しただけに、悔しい結果となりました。

ドライバー 川端伸太朗のコメント

Q1は絶対にとおりたいという強い気持ちで挑んだ予選でした。クルマのセットアップも決まっていましたし、これまでの努力が実を結んでQ2につなぐことができました。決勝はタイヤをセーブしながら前を走る集団についていく展開をイメージしていたのですが、急にエンジンのパワーダウンを感じて、コーナーで頑張って後続を抑えても、直線であっさりと抜かれる悔しいレースになってしまいました。菅生とAudi R8の相性は悪くないと思うので、次はしっかりとリベンジしたいと思います。

ドライバー 篠原拓郎のコメント

初めて GT3マシンで鈴鹿を走ることもあって、練習走行では思うようなタイムが出せなかったのですが、結果的には予選Q2で自己ベストを出すことができました。このサーキットはとても抜きにくいこともあって、無理をしてバトルをしてしまうとタイムがのびず、決勝は反省点の多い展開になってしまいました。いまいちど気持ちを引き締めて次のレースに臨みたいと思います。

2021 第4戦~2021 AUTOBACS SUPER GT Round4MOTEGI~