2021 第7戦~2021 AUTOBACS SUPER GT Round7 MOTEGI~

2021 第7戦~2021 AUTOBACS SUPER GT Round7 MOTEGI~

Audi Team Hitotsuyamaは、2021年11月6-7日、栃木県のツインリンクもてぎで開催されたSUPER GT第7戦「AUTOBACS SUPER GT Round 7 MOTEGI GT 300km RACE」に出場しました。

今シーズン最上位の5番グリッドからスタートした#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSは、レースなかばの34周目に実質トップに立つと、残り周回を快走してポジションを守り切り、今シーズン初入賞を優勝で飾りました。

予選

前戦のオートポリスではリアタイヤの消耗に悩まされた#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS。その解消に向け、チームはマシンのセッティングをがらりと変えて、このもてぎ戦に臨みました。

11月6日、予選に先立ち行われた公式練習では、タイヤにやさしいセッティングがコースとも良くマッチし、川端伸太朗篠原拓朗の両ドライバーからも乗りやすいという評価が得られました。

 

実際に走行後のタイヤを見ても減りが少なく、チームはQ1突破の手応えを感じとります。

その予感は見事に的中。

快晴のもと、午後2時20分から行われたQ1は、B組に川端が走行。計測4周目にマークした1分46秒644のタイムはトップからコンマ465秒差の6番手で、無事にQ2進出を果たしました。

続く篠原に対してチームは「川端を超えるようなタイムを出してこい!」と声をかけQ2に送り出します。

これに応えるように、篠原は川端のタイムをコンマ356秒縮める1分46秒288を叩き出し、今季最高位となる5番グリッドを手に入れました。

 

決勝

翌11月7日、秋晴れに恵まれたツインリンクもてぎでは、午後1時ちょうどから300kmに及ぶ決勝レースが行われました。

前半を担当する川端は、しっかりとスタートを決めて5番手のポジションを守り、その後しばらくは、背後に迫る#25 HOPPY Porscheを抑えながら、丁寧な走りでタイヤをうまくマネージメントします。

6周目には2番手を走る#18 UPGARAGE NSX GT3がトラブルで早々に戦列を離れ、#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSは4位に浮上。

3番手を走る#88 JLOC ランボルギーニ GT3とつかず離れずの距離を保ったまま周回を重ねていきます。

そして、27周が終わったところで先行する#88 JLOC ランボルギーニ GT3がピットストップし、リア2輪交換でコースに復帰すると、次の周に今度は#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSがピットインし、同様にリア2輪交換で篠原をコースに送り出しました。

短時間でピット作業を終えた#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSは#88 JLOC ランボルギーニ GT3の前でコースに復帰。

その後、2位争いを演じていた#61 SUBARU BRZ R&D SPORTがピットストップ後に#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSの後方でコースに復帰したことから、実質2位へとポジションをアップ。

さらに34周目には実質トップを走る#55 ARTA NSX GT3を篠原がとらえて、事実上のトップに踊り出ました。

 

そして38周を終えたところでGT300クラスのマシン全車がドライバー交替を終わらせると、名実ともに#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSがトップに立ち、レースをリードすることになります。

プレッシャーがかかるなか、篠原は集中力を高めながらも落ち着いた走りを続け、最後まで2番手の#55 ARTA NSX GT3に十分なマージンを確保したままファイナルラップの59周目まで走りきり、チームに今季初優勝をもたらしました。

篠原にとってはこれがSUPER GTでの初勝利。川端も昨年の鈴鹿戦に続く2勝目となりました。

 

ドライバー 川端伸太朗のコメント

去年の優勝以来、ポイントから遠ざかっていて、私がチームを引っ張っていかなければいけない立場ですので、とても重圧を感じていました。

それだけに本当にうれしいです。

今回は少しわがままを言い、これまでとは大きくセッティングを変更してもらったのですが、チームがそれをしっかりまとめてくれて、クルマもタイヤも決まり、一発の速さもある、ロングランもいける、そしてレースの戦略と全てのピースが揃ったのが勝因だと思います。

次の富士にもつなげていきたいと思います。

 

ドライバー 篠原拓郎のコメント

いまの気持ちは最高のひとことです。

セットアップ含め川端選手がしっかりとひっぱってくれて、終始安定して走り切れました。

コースに出て無線で『実質2位だ!』と言われても最初は実感がなくて、55号車を抜いたあたりから意識はしましたが、先は長いのでミスをしないように心がけました。

最終コーナーを立ち上がって、チェッカーフラッグとチームの皆さんの顔が見えたときに、ようやくホッとできました。

チームや関係者、ファンの皆様にいい報告ができたことをとてもうれしく思います。

2021 第6戦~2021 AUTOBACS SUPER GT Round6 AUTOPOLIS~