流通コスト大幅カットで国産エンジンオイルが安く買える

流通コスト大幅カットで国産エンジンオイルが安く買える

|高品質でも低価格のエンジンオイル

自動車、バイクなどエンジンの動作に必要不可欠なエンジンオイル。
大きなくくりで分けると、ガソリンを燃料とする、4ストローク機関に対応したタイプ、 こちらは一般的にエンジンオイルとして知られている物です。
そして今排出ガス規制などにより、 一般的ではなくなってきている2ストロークのエンジン用オイル。
3つめに挙げられるのは、ディーゼルエンジン対応のオイルです。 当然専用のものとなります。

 

 

また、その中でも車種によって使い分けるといった事も主流になってきており、 車を持つ者にとってはなくてはならないもの、それがエンジンオイルでしょう。
店舗やインターネットで検索してみると様々なエンジンオイルが出回っています。
オイルだけの話ではなく、やはり物を購入するにあたって重要な点と言えば、高品質であるか。
そして低価格での購入が可能か。ではないでしょうか。
TAKUMIの商品は、まず研究、そして改良の積み重ねの上に出来上がっています。
まずレース活動に参加することで、様々な国内外のレースのデータが入手できます。
そこから研究開発をし、改良を行っていくのです。
海外製品というと価格を抑えることが出来るイメージがありますが、 やはり品質に自信を持てるという点で、製造工場を国内においています。

 

|流通コストをカットすることが大切

大手のオイルメーカーは各種あります。
当然、かかってくる原価は変わりません。

では大手と呼ばれるメーカーから購入した場合、 安いという実感がないのはなぜでしょうか。 それはやはり広告費が莫大なものとなる。 そして重要なのが流通コストの発生です。
当然、販売数が大きくなればなるほど、コストを安いものに出来ます。 TAKUMIモーターオイルはインターネットで直接販売という形をとっています。
それに伴い、大手が莫大にかかる広告費を最小限に抑えることが可能となります。

また、流通コストを大手に比べ大幅に削減し、 世界の各国々へ大量に販売する事で安い商品を販売することが出来るのです。 年間コストで考えると、やはり低価格で購入した場合のメリットは大変大きなものとなります。

浮いた金額でタイヤの購入や、各種パーツの購入、 ガソリン代に何百リットルもまわせる余裕等かなり魅力的でしょう。

当然、安い事だけにとらわれ、性能の悪い物を使用すると後々デメリットが大きくなります。
重要なのは、高性能でも低価格という点につきます。
また、商品の値段に関して税金、そして送料はすべて込みの記載となっている為、注文時にも非常に安心だと言えるでしょう。