ハイブリッド車用のエンジンオイルとその特性

ハイブリッド車用のエンジンオイルとその特性

|ハイブリッド車用のエンジンオイルとは

カーショップを訪れるとさまざまなエンジンオイルが用意されています。
修理工場での交換だけでなく日頃の愛車のメンテナンスとして オイルの定期的な交換は大事なことです。

そして近年増加しているハイブリッド車対応の専用商品もあります。
実はオイルとしては一般的な商品と大きく違いはないので、 どれを使用しても大丈夫なのですが、 よりハイブリッド車により適した製品となっています。

一般の車とは違いハイブリッド車ではエンジンが動いている時間が短く、 エネルギー効率が良いためオイルの温度がそれほど上がらないのです。

 

 

量産されているオイルは従来型の車での利用を想定して商品開発をしているので、 高温度での利用が前提として作られています。
ですので低温度ではエンジン動作時の摩擦を抑えるオイルの効果が 十分に発揮できないということがあるのです。

車に合った商品を使用することで走行の際の燃費の向上にも貢献しますし、 エンジンを大事にすることで、車が故障するとなく 長く安全に走行することができるようにもなる可能性も高まります。

近年ではハイブリッド車に乗る人が増えてきていますので、 さらに商品のバリエーションも広がっていき専用の商品も増えてくるでしょう。

 

|エンジンオイルの特性を確認

ハイブリッド車は普通車と比べるとエンジンを停止、再始動させることが多いです。
そのことで普通車よりエンジンに負担がかかります。
ですのでコマメに車の調子に気を配りメンテナンスすることが大事です。

専用オイルには有機モリブデンという物質が添加されています。
エンジンが停止状態だと境界潤滑という状態となり金属同士がじかに触れることになります。
この時に潤滑油がなければ再始動時に金属が摩滅してしまいます。

そこで停止時には有機モリブデンが固体となり金属と金属の摩擦を抑える機能を果たすのです。
普通車用の製品にはこの物質が添加されていません。
なぜならエンジンを頻繁に停止、再始動するということが前提として考えられていないからです。
専用の商品は他のものに比べて少し高額かもしれませんが、 車の保全という点では長い眼でみればお得になることかもしれないのです。
メーカー推奨のエンジンオイルの特性を確認することで、 車の機能への関心が深まりさらにハイブリッド車の利点、 環境への貢献などが理解できるようになります。
メンテナンスのプロに指示を仰ぐとさらにいい車の点検方法について学べますので カーショップの店員さんに質問するとよいでしょう。