最適なエンジンオイルの油量とは

最適なエンジンオイルの油量とは

|エンジンオイルの油量の見方について

自動車にとって大切なアイテムの中にはエンジンオイルが用意されています。
一般的には潤滑油としての役割を持っているものになりますが、 油量に関しては多過ぎても少なくても問題が生じる可能性を持っており、 常に適切な状態を保つことによって、エンジンを保護することができます。
油量の見方に関しては、自動車を必ず平らな場所に駐車することが必要です。
傾斜している状態では正しい量を見ることができないために、 正しく停車させてエンジンをストップさせることも基本とされています。

また、エンジンを停止してから数分間は待機することも必要とされており、 エンジンオイルをある程度冷やすことも良い方法になります。
エンジンルーム内にはオイルゲージが用意されているために、 キッチンペーパーなどを利用して、引き抜いた際に綺麗にゲージを拭き取ることが必要です。
その後にゲージを戻して、再度引き抜くことによって、 上限と下限の目盛りによってチェックすることができます。

 

 

目盛りの中に収まっている場合では問題が無い状態と言うことができますが、 油量が多い場合では燃費悪化を引き起すことが多いために、注意が必要です。
逆に油量が少ないケースでは、エンジンを傷める原因になるために、オイルを足すことが必要です。

 

|燃費改善等を目的とした取り扱い

燃費改善のためにはエンジンオイルの管理を行うことが必要になります。
一般的にはオイルが多く入っている場合では、抜き取る作業を行うことが良い方法です。
微量ならば、オイルゲージの部分からポンプとホースを接続させて抜くことが可能とされています。
エンジンオイルの量が少ない場合では、2種類の入れ方を選択することになります。
1つはオイルゲージ部分から継ぎ足す方法になり、比較的簡単な入れ方になります。
もう1つは底部のオイルパンから抜いて、上からエンジンオイルを入れる方法になります。
一般的な入れ方に関しては素人では危険が生じる場合があるために、 オイル交換としてプロの専門店などに依頼することによって、解決することもできます。
エンジンオイルの量が少ない場合では、添加剤を継ぎ足す方法も用意されており、 この点に関しては車種によって判断する必要も出てきます。

 


通常のオイル交換を行う場面では、車種って使用するオイルの量が変わることになり、 特にフィルター交換を同時に行う場面では、少し多めのオイルを必要としています。

最適な量を入れることによってエンジンの性能を十分に引き出すことができますが、 質に関してもこだわることも良い方法になり、適切なエンジンオイルを選択することが必要です。